地域開発、国際協力・援助に関する本が2冊でました。一般向けに書かれているので、これらの分野に関心がない人が読んでも面白いと思います。環境問題に関心がある方、地域振興・復興などにも参考になります。

地域開発、国際協力、水産、環境問題に関心がある、高校生・大学生にもおすすめです。エリアケイパビリティー(AC)という新しい概念が提案されています。実践編の「地域が生まれる・・・・」の方が、具体的でわかりやすく、こちらを先に読む方が良いでしょう。理論編の「地域と対話する・・・・」の方は教科書的なので、さらに興味がある人・大学院生などはこちらも読むとよいでしょう。地方自治体の行政の人やJICAなど開発援助関連の人には是非読んでもらいたい本です。