バナナ黄化する

あれから1週間、バナナは黄色くなった。まず、部分的に真っ黒になって、それから周りが黄色くなった。黄色くなった程度に応じて1本ずつ食べてみた。極めて剥きにくい。確かに柔らかく甘くはなっているが、日本で食べるバナナに比べると甘みが少ないし、舌触りも良くなくて繊維を感じる。しかし、食べられることは食べられる。まあ、そうでなければ売っていないだろう。つまり、輸出されるバナナというのは、それなりに栽培品種として育種されたものらしい。まあ、当然そうだろうが、勉強にはなった。 バナナが黄色くなるのを待つ間に、ランプ―タンを1キロ買って食べていた、20ペソだった。このランプータンはまずくはないのだが、食べにくい。身の種離れが悪く、身を飲むことが出来ない。必死に種から身をはがそうとすると、食べるのに時間がかかって、暇つぶしになる。