鮭ひき肉の天ぷら
料理の特徴
「天ぷら」と言っても海老天や精進揚げのような天ぷらではなくて、関西で言うところ の「天ぷら」で、一般には「さつま揚げ」と言ったほうがわかりやすいでしょう。鮭のひき肉はクセがないので、様々なものを加えて「天ぷら」にすると楽しめます。写真に示し た例では、笹掻きゴボウを加えて、コリコリとした食感を出しています。笹掻きゴボウが かなり大きめなのは、そのためです。干し海老や生えび、イカのゲソを加えるなどの工夫 がありそうです。おろし生姜や紅しょうがを加えたり、シイタケやヒジキを加えるのも良 いでしょう。

レシピ
材料(3~4 人前)
鮭の冷凍ひき肉  200g ゴボウ 1/2 本
砂糖 大さじ 1 杯
塩 小さじ 1 杯
大根 1/4 本
作り方
① 鮭の冷凍ひき肉を袋ごと流水に付け解凍する
② 笹掻きごぼうを作る。鉛筆を削るように回転させながらごぼうを削る。ごぼうの食感 が好きならば、大きめに削り、硬いごぼうの食感がない方が良ければ、小さく薄く削 る。削ったごぼうは水に放ちアクをとり、水を切っておく。
③ 大根は大根おろしにしておく
④ ボールの中に解凍したひき肉を入れ、砂糖と塩を加え練り合わせる。すり鉢でねって も良いが、すり鉢を使うと、あとですり鉢を洗うのが面倒。
⑤ よく練り合わせたら②の笹掻きごぼうを加え、よく混ぜ合わせる。
⑥ ⑤でよく混ぜたものを、適当な大きさに丸め、薄く(1 センチぐらい)潰して、形を 整える(写真の例では、直径が中指の長さぐらい。)。
⑦ 適当な時間をおいて、油で揚げる。適当な色になったら、揚げ上がりで、キッチン・ペーパー等にとり、油を切っておく。
⑧ 皿に盛り付けて、大根おろしを添える。

ヒント: 大根おろしでなくて、カラシを添えても良い。レモンを絞っても良いでしょう。お惣菜として大量に作り置きしておけば、様々な用途に使えます。おでん種にもなるし、出汁で野菜と煮れば、また違ったおかずになります。少し濃い目に味付ければ、弁当のおかずになるでしょう。
甘さを感じない程度の砂糖と少量の塩を加えて、練り合わせるのが、カマボコのよう な強いコシを作るためのコツです。少し寝かせてから揚げるとコシ強くなりますが、経験的には、そんなに長い時間寝かす必要はないようです。練って形を整えたら、すぐ揚げても構いませんし、コシがない「天ぷらが」好きならば、砂糖の添加を控えます。